光脱毛の仕組み

プロの手を借りて行う脱毛は、主に2つの方法があります。美容クリニックで主流となっているのレーザー脱毛、もうひとつはエステサロンや脱毛専門サロンで主流の光脱毛です。これら2つの違いは、照射される波長にあります。単一の波長で集中的に熱を集め施術するのがレーザー脱毛で、複数の波長を含んだ光で広範囲に照射して施術するのが光脱毛です。レーザー脱毛は照射威力が強く、肌トラブルのリスクが高いため、専門医しか施術をすることが出来ません。けれども、光脱毛は出力を一定に制限しているため、特別な資格を持っていない人間でも施術を行うことが出来ます。こう考えると、レーザー脱毛の方が効き目があり、光脱毛では脱毛効果がないように思えてしまうかもしれません。しかし、手頃な価格や通いやすさ、美容効果なども求めるのであれば光脱毛をおすすめします。光脱毛はIPLなどの機器を使って光を照射して、そこに発生した熱エネルギーで毛根のメラニンを刺激して、脱毛を促す仕組みとなっています。レーザーよりも出力が弱いため、効果がでるまで時間がかかるものの、施術に伴う痛みは少ないのも特徴です。手軽にプロの手を借りて本格的な脱毛をしたいのならば、光脱毛をおすすめします。